ゲドたん

本日は飲み会――――の予定が、

「せっかく水曜日(=レディースディ)だから、映画を見に行こう!

ということになり、行ってきました。

『ゲド戦記』


…感想


…やっぱり『の』が入ってないから


まぁ、初監督(しかもアニメ制作に関わるのも初)でパパ以上のモノを作れたらそれこそホンモノの天才なんですがね。

内容については見て貰えばいいので、その辺は略。
感想を一言で言えば、

「私だったら…」

あーするのに、こーするのに、とか思わせてしまうのがパパとの決定的な差でしょうか。
パパの場合、イイとか悪いとか言う以前に作品に口が挟めない。
サービス精神が過多過多で楽しまされてしまいます。

話の主軸は確かに面白そうなんだけなー…
原作を忠実に再現するとああなるのか?
でも映画なんだから、原作の流れを変えてでも楽しませるべきなのでは…
にしても、イキナリ竜に変化はホントイキナリ過ぎでございます。
ゲドたんの言葉だけじゃなくて、一瞬でも竜の映像とかを挟み込めばいいのに…
そしたら――――…

とか色々思ってしまう訳ですよ。


う~ん、取り敢えず原作読んでみます。

         

岡田クンはホント上手かったです。
全然引っかかりを感じなかった。
(ハウルはやっぱ顔が浮かんでしまった)

そして何より、唄がイイ!
予告番組で、鈴木Pが

「唄を前面に押し出して宣伝していく」

と聞いた時は、えー?とか思ったけど、正解。
鈴木P、ダテじゃないね。

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
QRコード
★携帯電話からのアクセスはこちら
QRコード
プロフィール

萩尾彬

管理人:萩尾彬
白泉社"LaLa-DX""LaLa"にてお仕事してます。

●プロフィール詳細

リンク
メールフォーム
ブログに関するお問合せ・感想はこちらまでお願いいたします。

名前:
メールアドレス:
件名:
メール本文:

RSSフィード