眠狂四郎

見て参りました

以下、思いつくまま感想です。

眠狂四郎は名前だけ知っているくらいで「円月殺法ってこの人だったんだ~」な知識でした。
黒ミサで生まれた子とか、全く予想してなかった設定。
時代劇って意外と鬼畜な設定多い…

GACKTさんは相変わらずCGみたいに完璧でした。
実は3Dですと言われても驚きません。

音楽が何処を切り取ってもSUGIZO節全開で、しかもコーラスがORIGAって、もうどうしろと…!


楽しかったです。
もし機会があればオススメ致します。
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
QRコード
★携帯電話からのアクセスはこちら
QRコード
プロフィール

萩尾彬

管理人:萩尾彬
白泉社"LaLa-DX""LaLa"にてお仕事してます。

●プロフィール詳細

リンク
メールフォーム
ブログに関するお問合せ・感想はこちらまでお願いいたします。

名前:
メールアドレス:
件名:
メール本文:

RSSフィード