ケーキが苦手な子供でした

東京には美味しいケーキ屋さんが沢山あって困ります。
誰かの誕生日だったり、イベント事だったり、友人の手土産だったりで人生の中で今が一番ケーキを食べてます。

パティシエ世界一―東京自由が丘「モンサンクレール」の厨房から (光文社新書)パティシエ世界一―東京自由が丘「モンサンクレール」の厨房から (光文社新書)
(2002/05)
辻口 博啓浅妻 千映子

商品詳細を見る

このお店を知ったのは以前担当様に頂いたこの本がきっかけです。
文章だけで何度生唾を飲み込んだか…
た、食べたい…!

と、思い続けてはや数年(笑)。

ついに念願叶いました!

モンサン洋なし

写真では判らないと思いますが、洋なしのショートケーキです。
想像してたよりもっとシンプルで驚きました。


…正直、あまりにも長い間食べたい食べたい言っていたので、期待が膨らみ過ぎてガッカリするのでは…?
――――ま、こんなものか。
とかなるのでは…?

と、心配しつつ一口。

申し訳御座いません!
こんなパン皿に乗せてしまって…!


と御ケーキ様に土下座したくなりました。

何って、スポンジが!スポンジが!何このスポンジは…!
それに生クリームの甘さに洋なしの酸味、それぞれが相互に高め合い、
一人はみんなのためにみんなは一人のために…!
ぬおっ、この美味しさを表現し切れない自分に腹が立つ…っ


感動をありがとう

今度はイートインしに行きたいです。
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
QRコード
★携帯電話からのアクセスはこちら
QRコード
プロフィール

萩尾彬

管理人:萩尾彬
白泉社"LaLa-DX""LaLa"にてお仕事してます。

●プロフィール詳細

リンク
メールフォーム
ブログに関するお問合せ・感想はこちらまでお願いいたします。

名前:
メールアドレス:
件名:
メール本文:

RSSフィード